セラピストの開業物語

2人の女性がセラピストの開業…明暗を分けた理由とは?

sitemap

HOME 資格取得にまい進
A子の物語
集客スキルを磨く
B子の物語
人気セラピストに
なるには?
カウンセラーの
開業成功術
セラピストの種類
HOME 資格取得にまい進
A子の物語
集客スキルを磨く
B子の物語
人気セラピストに
なるには?
カウンセラーの
開業成功術
セラピストの種類
TOP » 自宅サロンの集客を成功させるためには? » 自宅サロンとブログの関係性について

自宅サロンとブログの関係性について

ブログを上手く使いこなせば、自宅サロンの集客が上手くいくって知っていました?ここでは、ブログと集客の関係性についてまとめています。

ブログ集客のメリットとは?

集客方法とは「呼び込み」だけではありません。最近はスマホやパソコンの機能が充実しているため、様々な集客方法が増えています。自宅サロンを多くの人に利用してもらいたいときには、ブログを使った方がおすすめ!「わたしたちのお店ではこういったサービスをしてますよ!」と詳しい施術内容を書くと、集客に繋げられるんです。

ブログ集客は「お金がかからない」「情報発信しやすい」などといったメリットから需要性が高まっており、多くのサロンが導入しています。上手くいけば検索で上位表示され、集客に大きく影響するので試してみてください。

集客に繋げられるブログの内容

ブログで集客するために気を付けておきたいポイントを紹介いたします。

見込み客に響く記事かどうか

ブログで集客する際、一番大切にしてほしいことは見込み客にとって役立つ記事が投稿されているかどうかです。

スタッフの1日の流れだけを書く日記のような記事だと、サロンでやっている施術は分からず集客に繋がりません。多くの人は、自宅サロンのブログを「本当に信用して大丈夫なのかな」と少し不安に感じながらブログを見ているはず。サービスをコンテンツ別々に紹介していると、初めてブログを見た人でも「こんな施術をしているサロンなんだ」と安心できます。集客のために、必ず見込み客にとって役に立つ記事をアップするようにしましょう。

お店に関する情報が記載されているか

サロンの店名や住所、料金など、細かな情報まで記載しているかチェックしましょう。

ここのサロンを利用してみたいと思っても、住所や料金が分からなければ足を運びません。ブログを見ている人に調べる手間を与えてしまうと、集客までの道は遠のいてしまいます。

自分が利用者ならどういった内容が知りたいのか考えながら、ブログに活かしましょう。

サロン情報は提示すべき!

自宅サロンを経営している人の中には「家族と一緒に住んでいる家でサロンを経営しているから、なるべく住所は乗せたくない」「いたずら電話を考えると電話番号も記載したくない」という人も多くいらっしゃいます。

ですが、「特定商取引法」では本名・住所の掲載は義務化されているのです。「特定商取引法」とは違法・悪質な勧誘行為を防いで、消費者を守ることを目的とする制度。

利用者は、自宅サロンで住所が提示されていないところだと不安に感じてしまいます。もし、今運営しているブログに住所を書いていない人はすでに利用者を逃がしているかもしれません。

逆にサロン名・住所・地図・固定電話・サロンオーナーの写真を掲載するだけで、ブログを見ている人の安心感や信頼度は高まり、問い合わせが多いブログになりやすいとのこと。

ネットで集客を行う上で、「利用者にとっての安心・安心」という要素はとても大切だと分かります。

ブログ集客をイチからはじめようとしている方へ

ブログで集客をするメリットは「web広告と比べて初期費用・毎月の費用を抑えられる」「場所を選ばずに記事を更新できる」など、たくさんあります。

ですが、ブログで本格的に集客を集めるには「魅力的なポイント」「他のサロンとは違うサービスをしている」など、見込み客の心を動かせる記事の更新が必要です。サロンを開設した後に文章の書き方を一から勉強するのもありですが、時間がかかってしまうでしょう。

まずは「どういった年齢層をターゲットにするのか」「どういった情報を発信するといいのか」など、基本知識をおさえておくと良いかもしれませんね。

集客が上手くいく、近道の基本知識とは?

セラピスト開業で役立つSNS集客の5つのツールとポイント

1・ダントツの普及率を誇るLINE

月間利用者数6,900万以上のLINEは、メールやチャット感覚で個人とメッセージのやり取りをするアプリケーションで、10代~60代の実に幅広い年齢層に利用されています。中でも最も多いのは40代のミドル世代で「量より質」と考える人が多いようです。

LINEでは、チラシ感覚で広告を流したり、予約確認やスケジュール調整などの顧客管理をしたりするのにも有効です。

予約の事前確認や当日のスケジュールなどの細やかな配慮でリピーターになってもらいましょう。

また、店舗のアカウントを取得してサロンの広告を打ち出す事も出来ます。

イベント告知などの際にも便利ですし、そこからメッセージを受け取る事が出来るので「予約機能」の一つとして利用するのもおすすめです。

2・名刺代わりにも使えるFacebook

Facebookの月間利用者数は、2,750万以上で、20歳~30歳の利用者が多くみられます。

他のツールと異なるのは、実名登録制なので、名刺代わりにも作るケースが多くあります。

また、位置情報やホームページ、ブログ等の情報掲載や口コミ投稿機能などもあるので、企業や店舗にも多く利用されています。

さらに、Facebookでは、「いいね」「シェア」のボタンが押されると、押した人のタイムラインやその人の友人達のニュースフィードへ自動的にページが流れるようになっています。

そのため、有益な情報の発信が、宣伝効果へと繋がるわけです。

いろいろな企業や店舗のFacebookを参考にして、サロンの雰囲気が分かるようなページを作成してみましょう。

3・拡散力が高いTwitterで集客率アップ

月間利用者数3,900万人以上で、10代~20代の若い世代が圧倒的に多いです。

Twitterは、140文字以内という文字制限はありますが、話題になるような内容の投稿が出来れば「リツイート機能」によって拡散数は無限大。

友達止まりの他のSNSとは異なり、まったく関わりのない人達へも情報を流すことができるので、一気に拡散される可能性もあり、大きな宣伝効果や集客が期待できます。

また、リアルタイムで宣伝内容が流れるので、イベント告知やキャンペーン告知などにも有効です。

例えば、「本日中に来店の方にはクーポンプレゼント!」といった感じで旬な情報を流すのもおすすめです。

4・女性を集中的に狙う場合にはInstagramで集客しよう

近年、若い世代の利用者数を伸ばしているのがInstagramです。月間利用者数1,900万人以上。

その中でも特に女性の割合が多く、これからサロンの集客を目指すなら欠かせないツールと言えるでしょう。

文字よりも画像の投稿がメインとなるため、女性が目を惹くようなお洒落な画像を投稿して雑誌を作る感覚で考えると良いですね。

また、風景や人物画像だけでなく、割引クーポン券として画像を投稿している店舗も見られます。

さらに、他のSNSとの連携も可能なので、忙しい時でも設定しておけば簡単に画像をアップすることが出来ます。

5・動画でサロンの雰囲気を伝えられるYouTube

ユーザーさんの中には文章を読むのが苦手な人もいらっしゃいますよね。

そこで、ブログ等のSNSに訪れた人に、よりリアルな情報を素早く提供するのなら文章よりも動画が効果的です。

文字や画像だけではどうしても2次元的な印象に留まりがちですが、動画が一つでもあれば、同じ2次元でもかなり能動的な印象を与えられます。

サロンの印象が伝わる動画や施術風景の動画の他にもおすすめの美容法などを紹介する動画など、お客様に役立つ動画を作成してYouTubeにアップしてみましょう。

作成したYouTube動画は、ブログやその他のSNSに簡単に張り付けて紹介することも出来ますので、逆に、YouTubeサイトからブログにたどり着くユーザーもいるでしょう。

2人のセラピスト開業物語…
その結末は?

A子の
場合
B子の
場合
A子の場合 B子の場合

Copyright (C)セラピストの開業物語 All Rights Reserved.