セラピストの開業物語

2人の女性がセラピストの開業…明暗を分けた理由とは?

sitemap

HOME 資格取得にまい進
A子の物語
集客スキルを磨く
B子の物語
人気セラピストに
なるには?
カウンセラーの
開業成功術
セラピストの種類
HOME 資格取得にまい進
A子の物語
集客スキルを磨く
B子の物語
人気セラピストに
なるには?
カウンセラーの
開業成功術
セラピストの種類
TOP » 自宅サロンの集客を成功させるためには? » 自宅サロンで成功するための価格設定の方法

自宅サロンで成功するための価格設定の方法

自宅サロンを経営するうえで知ってほしい価格設定の方法についてまとめています。価格設定をする際の注意点やコツを紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

サロン経営を苦しめる安すぎる価格設定

自宅サロンを経営するとき、自宅だからという理由で価格を安く設定してしまいがちです。しかし、そのやり方では経営が失敗してしまう可能性があります。

ここからは自宅サロンの経営が苦しくなってしまうパターンを3つ紹介します。

同じ地域にあるライバル店よりも安く料金を設定してしまう

大手のサロンと価格で争うのはNG。大手とは資金力や集客率が違うため勝つことは難しいです。ライバル店が安いセールをやっているから自分のお店も安くしよう!と価格で勝負しても、元々の蓄えが桁違いな分、ドンドン辛くなってしまいます。

自分が習っていた先生と比較してしまう

「自分は○○先生よりレベルが低いから」と価格を安く設定してしまうパターン。自分が習っていた先生を基準にして価格設定をしてはいけません。自分が経営するサロンの方向性や誰のためにしているのかを考えないと、失敗してしまう可能性が高くなりますよ。

自分基準で価格を設定してしまう

「今の自分ならこれぐらい払える」という考えで料金を設定するやり方。自分と同じ状況の人をターゲットにしているのであれば、自分基準で判断するのもありでしょう。しかし、対象が自分と違う場合にはあまり意味がありません。さらに、相手のことがきちんと見れていないため、質の良いお客様が集まりにくくなってしまいます。

いかがでしたか?このなかに「やってしまっている」と当てはまったものがあったはず。

自宅サロン経営で価格設定をする際、家賃や会場代が不要であるため、料金を安く設定していることもたくさんあります。自宅とはいえ、技術の価値や価格を下げてはいけません。技術・サービスに見合った価格設定をするのは自宅サロンも店舗も同じです。本当に来て欲しいお客様をゲットするためには、安売りをやめましょう。

価格設定のコツ

価格設定はサロンを経営するうえで最も悩んでしまうところ。自宅サロンの価格設定のコツを紹介します。

気軽に受けられるメニューを取り入れる

お試しで受けられるコースを作りましょう。腕が良くても全メニューの価格を高く設置してしまうと、近寄りづらくなってしまいます。一度お店に来てもらうことで「他のメニューはどうかな」「今度はあのメニューを受けてみたい」など、またお店に来てもらうためのきっかけを作ることができるのです。自分のサロンに興味を持ってくれた人が、気軽に受けられるコースを一つ作っておきましょう。

価格設定は段階的にする

サロンのメニューが2,000円と6,000円の2種類だったとします。こうやって見ると6,000円が高い感じがしますよね。しかし、2,000円、6,000円、10,000円の3種類のメニューがあるとしたら6,000円は安く感じるのではないでしょうか?

2,000円コースは安いけど物足りない、10,000円コースは金銭的に厳しい、6,000円は金銭的にもいけそうで、満足感もありそう!という印象を持ってもらうことができます。だからこそ、価格設定は段階的にしたほうが良いのです。

地域の相場を参考にする

価格設定をする前には必ず地域の相場をリサーチしましょう。地域によって金銭感覚はバラバラ。都心では安いと思われる価格でも、田舎では高いと思われることもあります。必ず合わせるということではありませんが、価格設定する際には一つの参考にしたほうが良いですよ。考え方としては相場と同じくらいか、少し高い、少し安いぐらいがベストです。

理想の客層にするには価格設定が大切

自宅サロンが生き残り利益を出し続けるためには、差別化戦略を取り、価格を引き上げる必要があります。そのためには、競合サロンと差別化を図るメニューに取り入れて、サロンの価値を高めることが大切です。

価格を上げてしまうと、「お客様が来てくれないのでは?」と思ってしまうサロン経営者がたくさんいますが、その考えは正しいとはいえません。

価格設定は客層を大きく左右します。価格を高め設定すれば客単価が上がるため、それに見合った客層になりますし、低く設定すればそれに見合った客層になるのです。クーポンを発行したり、低価格で営業したりしていると新規の来店はあるかもしれません。しかし、低い価格で来店されたお客様はその価格だから来ているだけです。低価格に魅力を感じて来たお客様は、ここよりさらに安い価格のサロンがオープンすると、簡単に他の店に移ってしまう可能性があります。サロン経営を安定させるためには、正しい価格設定をおこない、継続的に来店してもらえる固定客やリピーターを増やすことが重要です。

マーケティングや集客を学んでみよう

「価格設定が大切なのはわかったけど、自宅サロンで高くするのは厳しいのでは?」と思ってしまう人もいるかもしれません。高い価格を設定していてもマーケティング・集客がしっかりできていればお客様はちゃんと選んでくれます。経営に関する勉強を真剣にしたことがないという人は、集客の基礎を学んでみましょう。

開業するためのノウハウを学びたい人はこちら

2人のセラピスト開業物語…
その結末は?

A子の
場合
B子の
場合
A子の場合 B子の場合

Copyright (C)セラピストの開業物語 All Rights Reserved.