セラピストの開業物語

2人の女性がセラピストの開業…明暗を分けた理由とは?

sitemap

HOME 資格取得にまい進
A子の物語
集客スキルを磨く
B子の物語
人気セラピストに
なるには?
カウンセラーの
開業成功術
セラピストの種類
HOME 資格取得にまい進
A子の物語
集客スキルを磨く
B子の物語
人気セラピストに
なるには?
カウンセラーの
開業成功術
セラピストの種類
TOP » 自宅サロンの集客を成功させるためには? » リピート率UP!愛され自宅サロンになる方法

リピート率UP!愛され自宅サロンになる方法

「自宅サロンのリピーターを増やしたい」というセラピスト必見!独立・開業でもリピート率を上げられる方法をお教えします。

サロン業界の傾向と平均リピート率

ここ数年、サロン選びのポイントで「割引クーポン」を重視する傾向が強くなっています。サロンを紹介する総合サイトにて、初回クーポンや期間限定割引のあるサロンだけに絞るのが、現在のサロン探しの方法の主流。それに伴い、これまでサロン業界でよく耳にした「リピーター」「常連さん」というワードは減りつつあるのが現状です。

例として、サロン業界の平均リピート率をご紹介します。

再来訪までの日数 45日 60日 90日
新規ユーザーのリピート率 15~20% 25~30% 30~35%
2回目以降のリピート率 30~35% 45~50% 65~70%

表を見ると分かるように、新規ユーザーのリピート率は35%以下と厳しい数値。逆に、2回目以降も通い続けるユーザーの割合は30~70%という高い数値でした。情報によると「サロンの売り上げの7割はリピーターによって成り立っている」と言われているほど、リピーターの存在は大きいようです。

リピーター獲得を考えてパッと浮かぶ方法は、「ほかのサロンより魅力的なクーポンを配布する」でしょう。

しかし、もしもクーポン・割引合戦が続いたなら、サロン運営自体が厳しいものとなってしまいます。

そうならずにリピーターを獲得できる方法を紹介していきますね。

リピート率を下げる2つの理由

まず、あなたは「なぜリピート率が下がっているのか」を考えたことはありますか?もちろん、「ほかのサロンのクーポン内容に勝てない…」というのも1つの理由でしょう。

しかし、細かく見直してみるとほかの理由も見つかるもの。コストを大きく費やさなければならないクーポン配布は最終手段にし、今すぐ見直せる部分がないか振り返ってみましょう。

理由1:宣伝内容と店舗のギャップ

これは、客層をしっかりイメージできていないサロンにありがちなミスです。女性はギャップにとても敏感な生き物。「ターゲットは大体30代くらい」なんて曖昧なターゲット像を掲げているサロンは、リピーターを逃している可能性が高いです。

例えば、「エイジングケアならおまかせ!」という宣伝内容を見て、魅力を感じる女性は40代。その世代の女性がサロンへ足を運んだ時、サロンの内装が派手だったらどう思うでしょうか?きっと、居心地が悪いと感じてしまうことでしょう。もし、スタッフが20代しかいなかったなら、「本当にエイジングケアが得意なの?」と疑われてしまうかもしれません。

悪い意味で期待を裏切るサロンにリピーターはつきません。ターゲットをしっかりと定め、スタッフの年齢層やサロンのレイアウト、用意する雑誌などをターゲットに即したものに統一してみてください。

理由2:フォロー不足

顧客獲得をクーポンだけに頼っているサロンに多いミスです。クーポンだけで新規ユーザーを獲得しているサロンは、値段以上に大切な「フォロー」を忘れてしまいがち。一定の新規ユーザーなら、クーポンを作れば掴めるでしょう。しかし、フォローが薄ければリピーターにはなりません。また、あなたのサロンよりも魅力的なクーポンを作るサロンが近くに登場したら、顧客はみな乗り換える可能性が高いでしょう。親身な接客、新メニューの提案、ホームケアのアドバイスなど、あなたにしかできないフォローによって与える感動こそ、リピーターを作るのに最も欠かせないポイントです。

リピート率を上げるのに効果的な3つの方法

リピーターを一刻も早く獲得したい!という人は、以下の方法を試してみてください。

1.DMを送る

お礼状やニュースレター、ステップアップカードなど、様々なDMを送りましょう。できれば手書きが◎!お客さんに対し「あなたの存在を忘れず、いつでもお待ちしています」というアピールになります。もちろん、過剰に送られてくるDMを嫌がる人もいますが、「久しぶりに行ってみようかな」とヒットする人が多いのも事実です。

2.自宅サロンのリピート率を知る

ご自身のサロンのユーザーが1回目で離れているのか、2回目以降に離れているのかによって、取るべき対策は変わってきます。1回目で離れているのであれば、「ほかのサロンのほうが魅力的に感じられた」、あるいは「ネットやフライヤーで見た内容よりも期待外れだった」という可能性が高いでしょう。その場合は宣伝内容を見直すのが◎。期待を裏切らない内容、ほかのサロンに負けない内容に切り替えてください。

2回目以降に離れているのであれば、1回目の満足度に届かなかった可能性大。接客やフォローの質にムラがあったのかもしれません。その場合は1回目と同等、もしくはそれ以上の接客フォローを意識する必要があります。

3.メニュー別にリピーターを知る

上記2つを実践しても効果が得られなかった場合は、メニュー別のリピート率をチェックしてみてください。もしかすると、たった1つの施術の問題によってリピーターを逃している可能性があります。リピート率をチェックして1回きりになっているメニューが見つかったら、その技術の見直しやお試し価格の導入など、新しい工夫を凝らしてみてください。

リピート率を上げるカギは「集客の基礎知識」

1秒でも早くリピーターを獲得したいものですが、実際にリピーターを獲得するのは至難のワザ。サロン業界全体が頭を悩ませているところですから、当然だと言えるでしょう。リピーターを獲得するには、新規ユーザー獲得の10倍以上のコストがかかると言われています。つまり、自己流かつ短期間で具体的な数値はなかなか上がりません。改善すべき点の見直しと新しい試みを根気強く試し続けていくしかないのです。

そこでカギとなるのが「集客の基礎知識」。これは、リピーターの獲得はもちろん、新規ユーザー数の増加や売り上げ向上にも繋がる知識です。

「自宅サロンを成功させたい」「運営を支えてくれるリピーターをいち早く獲得したい!」と考えている人は、開業ノウハウの1つ「集客方法」に目を通してみてくださいね。

>>自宅サロンでリピート率を上げる「集客方法」を詳しく見る

2人のセラピスト開業物語…
その結末は?

A子の
場合
B子の
場合
A子の場合 B子の場合

Copyright (C)セラピストの開業物語 All Rights Reserved.