セラピストの開業物語

2人の女性がセラピストの開業…明暗を分けた理由とは?

sitemap

HOME 資格取得にまい進
A子の物語
集客スキルを磨く
B子の物語
人気セラピストに
なるには?
カウンセラーの
開業成功術
セラピストの種類
HOME 資格取得にまい進
A子の物語
集客スキルを磨く
B子の物語
人気セラピストに
なるには?
カウンセラーの
開業成功術
セラピストの種類
TOP » 自宅サロンの集客を成功させるためには? » セラピストがサロンを独立開業するには

セラピストがサロンを独立開業するには

「セラピストとして独立して自分のサロンを開業したい」と思ったときに浮かんでくるのは「どうやって?」という疑問。ここでは独立開業の方法や収入などについてまとめています。

1人でもやっていきたい!サロン独立の方法

セラピストとして働いていると「自分が作るサロンでお客さんをもてなしたい」と思うことがありますよね。すると浮かぶのは「独立」の2文字。では、独立するにはどうすればよいのでしょうか?

サロンを独立開業したいと思ったときにしておくこと

「独立したい!」と思ってすぐに自分でお店を開くことも出来なくはありませんが、現実的ではありません。まずは今勤務しているサロンで経験を積みましょう。どれだけ志が高くても、セラピストとして技術が追いついていなければ、お客さんは満足しません。

また、お客さんとのパイプを作っておくのがベター。独立後も今のお店のお客さんに来てもらえるように、普段から満足してもらえる対応を心掛けましょう。

セラピストとして信頼のある資格をとっておくのもいいですね。メディカルアロマ検定2級、1級やAEAJアロマテラピー検定などの有資格者であれば、独立後でもお客さんから一定の信用を得られます。

開業資金も溜めておかなくてはいけません。お店を出す場所や規模、勤務スタッフの有無などを決めて目標額を設定しておくとよいですね。

サロンの開業場所は決まったけど…

経験を積みスキルを身につけ、開業場所まで決めました。そこで問題になってくるのがどうお店を運営していくか。

収益を上げるためには、お客さんが来てくれなくてはいけません。口コミだけで人が来るようなサロンならいいのですが、そうでないなら広告宣伝費といった費用を出して、広告によりサロンの知名度を上げる必要があります。そういった諸費用を差し引いて、一日に何人お客さんが来れば収益が上がるのか、といった経営者としての考え方が必要です。

また、勤務スタッフを雇う場合はお給料やシフト管理、人間関係の円滑化といったマネージメント能力も問われます。自分が勤務する側だったときには気にしていなかった部分も気にしないといけないので大変ではありますが、その分やりがいも感じられるでしょう。

独立したら収入はいくらになる?

独立して開業した場合、お客さんが来なければ収入は入ってきません。また、サロンの規模や回転率、ランニングコストによっても変わってくるため一概にいくらぐらいとはえいません。しかし、人気のサロンになれば年収1,000万円も夢ではありませんよ。

集客スキルがなければやっていけない

「お店を開くまで」なら、ある程度お金が集まればできます。しかし、お客さんが来てくれるかどうかはまた別の話です。効果的な集客ができなければ、広告宣伝費やランニングコストだけが出ていき、赤字になってしまう可能性も。サロンの独立開業を決めたら、どのように集客をするのかの基礎知識を勉強しましょう。

>>サロン集客のノウハウが学べる無料のオンラインセミナー情報はこちら

2人のセラピスト開業物語…
その結末は?

A子の
場合
B子の
場合
A子の場合 B子の場合

Copyright (C)セラピストの開業物語 All Rights Reserved.