セラピストの開業物語

2人の女性がセラピストの開業…明暗を分けた理由とは?

sitemap

HOME 資格取得にまい進
A子の物語
集客スキルを磨く
B子の物語
人気セラピストに
なるには?
カウンセラーの
開業成功術
セラピストの種類
HOME 資格取得にまい進
A子の物語
集客スキルを磨く
B子の物語
人気セラピストに
なるには?
カウンセラーの
開業成功術
セラピストの種類
TOP » セラピストになるには?~資格取得から開業までの道~ » アロマセラピスト

アロマセラピスト

アロマセラピストとは、さまざまな種類の精油(アロマオイル)を使って心と体を癒す専門家。アロマは「芳香」・テラピーは「療法」という意味を持っており、芳香療法とも呼ばれています。アロマテラピーの技術と知識はリラクゼーションだけでなく、医療や福祉の現場でも活用されるケースが増えており、アロマセラピストの活躍の場はますます拡大しています。

そんなアロマセラピストの具体的な仕事内容や、必要となる資格についてまとめています。気になる平均年収や、開業するにあたって覚えておきたいノウハウなどもご紹介しています。

アロマセラピストの開業に資格は必要?

アロマセラピストになるための資格ですが、国家資格・公的資格は設けられていません。あるのは民間資格だけですので、資格を取らなくてもアロマセラピストを名乗ることは可能です。しかし、欧米では公的資格(医療系)となっているアロマセラピスト。アロマは人の心と体に影響を及ぼすものであるため、満足度の高い施術を行うには、精油の特性や効果・ブレンド方法・効果が出る仕組み・生理学といった知識はもちろん、カウンセリングの技術も身につける必要があります。アロマセラピーに関する正しい知識と技術を保有していることを証明し、お客様からの信頼を得るという意味でも、資格の取得は必須と言って良いでしょう。

関連性の高い資格

アロマセラピストの開業を成功させるには

ストレス社会と呼ばれる現代において、リラクゼーションへの関心は高まり続けています。アロマセラピストが活躍できる職場も増えており、アロマセラピー専門のサロンはもちろん、医療機関・福祉施設・老人ホーム・エステサロン・ホテル・温浴施設・ショッピングセンターと多種多様です。

そんなアロマセラピストの気になる年収は、サロンや企業に勤務している場合で平均200~300万円ほど。正社員として働いたとしてもキャリアップが難しく、給与額がなかなか伸びないという人が多くなっています。ただし、開業すればさらに上の年収を目指すことも可能です。

しかし、アロマセラピストとしての資格や確かな技術を持って開業しても、お客様の獲得にはつながらないのが現実。新規顧客・リピーター客を獲得するための経営戦略、他サロンとの差別化などを進めていくのに必要な、ビジネスセンスを身につけることが重要です。

>>アロマセラピストとして開業を成功させる、3つの集客方法とは

2人のセラピスト開業物語…
その結末は?

A子の
場合
B子の
場合
A子の場合 B子の場合

Copyright (C)セラピストの開業物語 All Rights Reserved.