セラピストの開業物語

2人の女性がセラピストの開業…明暗を分けた理由とは?

sitemap

HOME 資格取得にまい進
A子の物語
集客スキルを磨く
B子の物語
人気セラピストに
なるには?
カウンセラーの
開業成功術
セラピストの種類
HOME 資格取得にまい進
A子の物語
集客スキルを磨く
B子の物語
人気セラピストに
なるには?
カウンセラーの
開業成功術
セラピストの種類
TOP » セラピストになるには?~資格取得から開業までの道~ » ハンドセラピスト

ハンドセラピスト

ハンドセラピストとは、手のトリートメントを通して人の心と体をリフレッシュする専門家。手や指にある反射区(いわゆるツボ)を効果的に刺激することにより、内臓機能の改善・自然治癒力や免疫力のアップ・ストレス解消といった効果を引き出します。アロマテラピーの知識・技術との相性がいいため、組み合わせて施術を行うハンドセラピストも多くなっています。

そんなハンドセラピストになるために必要な資格と、開業を目指す人に覚えておいてもらいたいノウハウをご紹介しています。ハンドセラピストの具体的な仕事内容にも注目してください。

ハンドセラピストの開業に資格は必要?

ハンドセラピストに特別な資格は設けられておらず、あるのは民間資格のみです。しかし、体の各器官とつながっている反射区を効果的に刺激するには、反射学・生理学・マッサージ技術をしっかりと覚えておかなければなりません。そういった知識・技術を身につけているという証明として、ハンドセラピストの資格は持っておいた方が良いでしょう。開業するにあたっても、資格があるとないとでは信頼度が格段に違いますし、プロとしての自信にもつながります。

関連性の高い資格

ハンドセラピストの開業を成功させるには

心身の癒しを求めている人が多い現代において、ハンドセラピストをはじめとするリラクゼーションの専門家へのニーズは高まり続けています。働き先も、医療機関・介護施設・エステサロン・リゾートホテルなどバラエティに富んでいますが、一般的な年収は200~300万円程度。企業勤務でキャリアアップ・年収アップを目指すのは難しいため、ある程度の経験を積んでから開業する人が多くなっています。

ハンドセラピストの独立・開業に必要なのは、資格や技術力だけではありません。数多くあるリラクゼーションサロンとの差別化をはかるための戦略や、新規顧客・リピーターを獲得していくための集客スキル・経営センスが必要となります。どんなにたくさん資格を持っていても、技術力に優れていても、お客様を獲得できなければ意味がありません。ハンドセラピストとしての開業を目指すなら、ビジネスについてしっかりと勉強しておきましょう。

>>ハンドセラピスト開業に求められる集客ノウハウ術を見る

2人のセラピスト開業物語…
その結末は?

A子の
場合
B子の
場合
A子の場合 B子の場合

Copyright (C)セラピストの開業物語 All Rights Reserved.