セラピストの開業物語

2人の女性がセラピストの開業…明暗を分けた理由とは?

sitemap

HOME 資格取得にまい進
A子の物語
集客スキルを磨く
B子の物語
人気セラピストに
なるには?
カウンセラーの
開業成功術
セラピストの種類
HOME 資格取得にまい進
A子の物語
集客スキルを磨く
B子の物語
人気セラピストに
なるには?
カウンセラーの
開業成功術
セラピストの種類
TOP » セラピストになるには?~資格取得から開業までの道~ » メディカルアロマセラピスト

メディカルアロマセラピスト

メディカルアロマセラピストとは、医療機関・介護施設・福祉施設といった現場でアロマオイル(精油)を用いたケアを行う専門家。薬剤や手術といった手段に頼らず、人がもともと持っている自然治癒力をアロマの力を持って引き出すことが目的とされています。医療行為ではないため、未病(病気になる前の不調)や疾病と認められない症状を持つ人たちが対象となります。

そんなメディカルアロマセラピストに必要な資格と、開業を目指す人に覚えておいて欲しいノウハウをご紹介しています。具体的な仕事内容や、関連性の高い資格についてもチェックしてください。

メディカルアロマセラピストの開業に資格は必要?

メディカルアロマセラピストに国家資格はありませんが、さまざまな協会が認定している資格を取得する必要があります。アロマオイルの成分を直接体内に作用させて、治療効果を発揮させるのがメディカルアロマセラピストの仕事。リラクゼーションを目的としたアロマセラピーとは方法が異なるため、アロマオイルの薬理作用・人体の仕組みを熟知し、医療機関で使えるレベルの知識・技術を身につけていなくてはなりません。そのスキルを持っているという証明となるのが資格ですので、メディカルアロマセラピストを目指すなら信頼性の高い資格を取得しておきましょう。

関連性の高い資格

メディカルアロマセラピストの開業を成功させるには

医療にアロマを用いるケースは徐々に増えてきており、メディカルアロマセラピストの職場も産婦人科・外科・内科・耳鼻科・皮膚科・心療内科・リラクゼーションサロンと広がりを見せています。もちろん開業することも可能ですが、日本でメディカルアロマセラピストの認知率はまだまだ低め。まずは医療機関やサロンに勤務して実績を作り、それから開業を考えた方が良いでしょう。

ただし、サロンを開業して顧客を獲得していくには、セラピストとしての資格・技術・実績だけでなく、経営知識とビジネスセンスが重要。どんなに優れた技術を持っていたとしても、集客できなければ人の役には立てませんし、事業も成り立たないからです。開業するからには事業主としての意識を持ち、集客と経営ノウハウをしっかりと学ぶようにしましょう。

>>メディカルアロマセラピストの開業に必要な集客ノウハウとは

2人のセラピスト開業物語…
その結末は?

A子の
場合
B子の
場合
A子の場合 B子の場合

Copyright (C)セラピストの開業物語 All Rights Reserved.