セラピストの開業物語

2人の女性がセラピストの開業…明暗を分けた理由とは?

sitemap

HOME 資格取得にまい進
A子の物語
集客スキルを磨く
B子の物語
人気セラピストに
なるには?
カウンセラーの
開業成功術
セラピストの種類
HOME 資格取得にまい進
A子の物語
集客スキルを磨く
B子の物語
人気セラピストに
なるには?
カウンセラーの
開業成功術
セラピストの種類
TOP » セラピストになるには?~資格取得から開業までの道~ » 音楽セラピスト

音楽セラピスト

音楽セラピストとは、音楽療法(ミュージックセラピー)を用いて心と体を癒す専門家。音楽が持つ力を十分に引き出してストレス・疲労・痛み・うつ症状といった悩みを解消へと導き、生活の質を向上させます。音楽療法は音楽を聴くだけでなく、歌う・演奏する・踊るといったさまざまなスタイルがあり、セラピストによって用いる手法が異なるのが特徴です。

そんな音楽セラピストになるために必要な資格と、開業を成功させるために必要なノウハウをご紹介しています。

音楽セラピストの開業に資格は必要?

音楽セラピストに公的な資格はなく、あるのは民間資格のみ。資格がなくても音楽セラピストとして活動できますが、完全な無資格での就職や開業は難しいと言えます。資格を持つということは、音楽と心理学についての専門的なスキルを持っているという証明となるため、必ず取得しておくようにしましょう。

関連性の高い資格

音楽セラピストの開業を成功させるには

音楽の持つ効果は科学的にも高く評価されており、近年では医療機関・福祉施設・教育機関・子どもや高齢者の施設でも取り入れられています。日本ではまだまだ認知度が低く、国家資格でないことから求人も少ない職業ではありますが、海外において音楽療法はとてもメジャーなセラピーの1つ。日本でも、今後はどんどん需要が高まっていくと思われます。

そんな音楽セラピストの開業ですが、サロンを開いて集客するというよりは、フリーのセラピストとしてさまざまな施設と契約・活動するケースがほとんど。しかし、どんな形であるにせよ、ビジネスのセンスがなければフリーのセラピストとして活動していけません。どんなセラピストになりたいかを具体的に考えると同時に、経営に関する専門的な知識も身につけておくことが重要です。

>>音楽セラピストの開業時に求められる集客ノウハウを見る

2人のセラピスト開業物語…
その結末は?

A子の
場合
B子の
場合
A子の場合 B子の場合

Copyright (C)セラピストの開業物語 All Rights Reserved.