セラピストの開業物語

2人の女性がセラピストの開業…明暗を分けた理由とは?

sitemap

HOME 資格取得にまい進
A子の物語
集客スキルを磨く
B子の物語
人気セラピストに
なるには?
カウンセラーの
開業成功術
セラピストの種類
HOME 資格取得にまい進
A子の物語
集客スキルを磨く
B子の物語
人気セラピストに
なるには?
カウンセラーの
開業成功術
セラピストの種類
TOP » セラピストとはどう違う?カウンセラーの開業成功術

セラピストとはどう違う?カウンセラーの開業成功術

カウンセラーになるために必要なスキル

カウンセラーとして独立・開業する際に覚えておきたい、必要な資格・手続きといったデータをまとめています。

資格や技術

カウンセラーにはさまざまな種類があり、それぞれ資格も異なります。カウンセラーの代表的な資格は以下の通り。

職種によっては無資格でもカウンセラーを名乗ることはできますが、人の悩みや気持ちに寄り添い、的確なアドバイスをするのがカウンセラーの仕事。相談者から信頼され長く仕事を続けていけるカウンセラーになるには、「正しい知識と技術を持っているか」を証明することが重要となります。

その手段となるのが「資格」なのです。 資格を持っているということは、「カウンセリングに関する一定のスキルを身につけている」という証明となり、独立・開業はもちろん、就職の際も有利となります。

集客・経営スキル

カウンセラーの開業を成功させたいなら、集客・経営のノウハウを学ぶことが非常に重要。資格や技術だけがあっても、カウンセリングを受ける相談者がいなければビジネスは成り立たないのです。以下に、カウンセラーの開業に必要な集客メソッドの一部をご紹介します。

ポジショニング

「あなたがどんなカウンセラーで・どんな人に・何ができるか」を明確にすることです。ビジネスが成功するかどうかの80%はポジショニングで決まります。

情報発信

ポジショニングを明確にしたら、それをブログやメルマガ等で情報発信してPR。あなたが持っている「価値ある情報」を必要としている人に届け、カウンセラーとしてのブランドを確立していきましょう。

マーケティング

見込み客を集めて信頼関係を構築し、あなたのカウンセリングを受けたいと思ってもらう状態にします。そのためには、ブログ・メルマガといった媒体を、それぞれが独立した「点」ではなく、関連性を持たせた「面」でつなげる面展開マーケティングの実現が必須です。

>>カウンセラーに必要な「集客スキル」についてもっと詳しく

カウンセラーの開業に必要な資金

カウンセラーの開業には、自宅の一部をサロンとして利用するスタイルと、店舗を借りて開業するスタイルの2種類が挙げられます。カウンセラーの開業に大掛かりな設備等はほとんど必要ないため、自宅で開業するなら費用は0~20万円前後が目安。店舗を借りる場合は敷金・礼金・仲介手数料などが必要となるため、100万円前後の資金が必要です。

また、集客に必要な広告宣伝費・人を雇う場合は人件費などのランニングコストも必要となるため、どのくらいの費用がかかるのかをあらかじめ試算しておくと良いでしょう。カウンセラーとしてのスキルを高めるための研修費(セミナーや勉強会などの費用)も忘れずに。

カウンセラーの開業に必要な手続き

カウンセラーとして独立・開業する際に必要な手続きをまとめました。

開業届

カウンセラーとして開業する際は、管轄の税務署に開業届を提出します。開業届を提出しなくてもサロンを開くことはできますが、税務の手続きで必要となるので早めが◎。

給与支払事務所等の解説届出書

雇用などで給与の支払いが発生した場合は、「給与支払事務所等の開設届出」を税務署に提出します。最初に給与を支払った日から1ヶ月以内に行いましょう。

青色申告の届出

確定申告の形には白色申告と青色申告がありますが、税制上のメリットが大きいのは青色申告。青色申告を利用したい場合は、納税地の税務署に「所得税の青色申告承認申請書」を提出します。開業届と一緒に手続きしてしまうとラク。

2人のセラピスト開業物語…
その結末は?

A子の
場合
B子の
場合
A子の場合 B子の場合

Copyright (C)セラピストの開業物語 All Rights Reserved.