セラピストの開業物語

2人の女性がセラピストの開業…明暗を分けた理由とは?

sitemap

HOME 資格取得にまい進
A子の物語
集客スキルを磨く
B子の物語
人気セラピストに
なるには?
カウンセラーの
開業成功術
セラピストの種類
HOME 資格取得にまい進
A子の物語
集客スキルを磨く
B子の物語
人気セラピストに
なるには?
カウンセラーの
開業成功術
セラピストの種類
TOP » 独立・開業したい!セラピストA子の物語

独立&開業したい!セラピストA子の物語

中小規模のエステサロンで、エステティシャンとして長年勤務してきた私。年収やキャリアアップに行き詰まりを感じて、独立を決意しました。そんな私がセラピストとしての独立・開業を考えたときに調べた、必要となる資格と取得方法について解説しています。

エステティシャン(セラピスト)としてサロンに勤務していたころの年収

エステティシャン(サロン)として働いていたころの年収は300万円ほど。長い勤務時間と労働量を考えると、あまり恵まれているとは言えませんでした。大手サロンであれば長く勤務することで昇給や昇進も望めますが、規模が小さいため年収アップもキャリアップも難しい状態。「もっと自分のスキルを活かして稼ぎたい!」そう考えた私は、独立してのサロン開業を決意しました。

これまでに磨いてきたエステティシャンとしてのスキルがあれば、開業は十分に可能なはず。自分のサロンを経営すれば売り上げがそのまま年収となるため、今よりも収入を増やすことができると考えました。

セラピストの独立を成功させるために資格を取得

自分のサロン開業を決意してから、新たにアロマセラピストの資格を取得することにしました。アロマセラピストとは、精油(アロマオイル)を用いて心身を癒すスペシャリスト。エステティシャンとして培ってきた技術と組み合わせれば、オリジナリティのあるメニューを打ち出せると考えたのです。

ちなみに、アロマセラピストに公的な資格はなく、あるのは民間資格のみ。資格がなくても、アロマセラピストを名乗ることはできます。しかし、精油は心と体に少なからず影響を与えるため、無資格のアロマセラピストが利用者から信頼を得るのは非常に難しいです。正しい知識と技術を持っているという証明として、何らかの資格を持つことは重要です。

通信教育でもアロマセラピストの資格は取得できますが、独立・開業を成功させるために、私はしっかりとした資格スクールで学ぶことを選択。確かな資格を持つことで開業の際にもハクがつき、成功に繋がると考えました。

>>アロマセラピストの資格を獲得した私。だけど…

集客に行き詰まり…さらに資格を取得

駅から近いビルのテナントに、自分のサロンを開業。しかし、資格もあり・そこそこの好立地であるにも関わらず、お客様は集まらず売り上げも低迷。以前勤めていたエステサロンから何人かのお客様を引っ張ってくることはできましたが、新規の顧客はほとんどなし。チラシなどの効果もむなしく、思うように集客できませんでした。

悩んだ私は、さらなる資格を取得。メディカルアロマセラピストとベビーセラピストの資格を得ましたが、それでも集客には繋がりませんでした。

「どうしたらお客様が集まるんだろう?」と、参考までに憧れている人気セラピストのブログをチェック。そこには、「リピーターのお客様を獲得することが、安定した経営とさらなる集客に繋がる」と書いてあったのです。リピーターを増やすには、顧客満足度の上昇が必須。顧客を満足させるには、さらなる技術力が必要!そう考えた私はさらなる高みを目指し、資格スクールへと舞い戻ったのです。

>>資格取得にまい進するA子の物語はこちら

2人のセラピスト開業物語…
その結末は?

A子の
場合
B子の
場合
A子の場合 B子の場合

Copyright (C)セラピストの開業物語 All Rights Reserved.