セラピストの開業物語

2人の女性がセラピストの開業…明暗を分けた理由とは?

sitemap

HOME 資格取得にまい進
A子の物語
集客スキルを磨く
B子の物語
人気セラピストに
なるには?
カウンセラーの
開業成功術
セラピストの種類
HOME 資格取得にまい進
A子の物語
集客スキルを磨く
B子の物語
人気セラピストに
なるには?
カウンセラーの
開業成功術
セラピストの種類
TOP » 人気セラピストになるには?王道の開業ステップ

人気セラピストになるには?王道の開業ステップ

セラピストとは、心と体のバランスを整えて不調を改善へと導くスペシャリスト。ボディ系・心理系・エネルギー系とさまざまな職種がありますが、どれも相談者の心身を癒すことが目的となります。ここでは、セラピストになるにはどんな方法や資格があるのか、独立・開業するにあたって必要となる基礎知識と併せてご紹介しています。

セラピストになるために必要なスキル

資格や技術

セラピストにはさまざまな種類があり、取得すべき資格もそれぞれ異なります。資格がなくてもなれるセラピストも多いですが、専門的な知識・技術を有しているという証明がなければ仕事には繋がりません。利用者に信頼・安心してもらえるセラピストを目指すためにも、資格は必ず取得しておきましょう。セラピストの主な資格は以下の通りです。

資格が必要ないセラピストの場合、既存のサロンに就職して経験を積み、その後に独立・開業を目指すという方法もあります。

>>セラピストになるために必要な資格や技術とは

集客・経営スキル

セラピストとしての開業を成功させたいなら、集客や経営のノウハウを学ぶことが大事。どんなに優れた技術や資格があっても、自動的にお客様が来てくれるワケではないのです。ここではセラピストの開業に必要なメソッドの一例をご紹介します。

ポジショニング

セラピストの開業をはじめとするビジネスの成否は、ポジショニングで80%が決まります。ポジショニングとは、「自分が何者で・誰に対して何ができるのか」を明確にすること。これを明確にすることで他サロンとの差別化を図り、ターゲットとする利用者を効率よく集められるようになります。

情報発信

ポジショニングが明確になったら、それを情報発信してPR。ブログ・メルマガ・Facebook・Twitter・Instagramなどを利用して「自分が何者であるか」を世の中に示し、「価値ある情報」を必要としている人に届けていきます。

マーケティング

マーケティングとは、見込み客を集めて信頼関係を構築し、あなたのカウンセリングやサービスを「利用してみたいな」と思ってもらう状態にすること。そのためには、ブログやメルマガといった媒体をバラバラに展開するのではなく、関連性を持たせてひとつの目的(集客)へ向かって機能させていくことが大事。この「面展開マーケティング」により、効率のよい集客が実現します。

>>セラピストになるために必要な集客・経営スキルとは

セラピストの開業に必要な資金

セラピストの開業には自宅を利用するスタイルと店舗を借りるスタイルの2種類があり、それぞれ開業資金が異なります。自宅サロンの場合、初期投資として必要なのは0~20万円ほど。自宅にあるものを利用できれば、資金はほとんど要りません。

店舗型の場合は、保証料・内装工事などで200~300万円ほど必要となります。どちらのスタイルでも、その他に必要となるのは広告宣伝費・人件費・研修費・消耗品の費用など。開業するなら、これらのランニングコストを考慮することも重要です。

>>セラピストの開業に必要な資金を詳しく見る

セラピストのサロン開業に必要な手続き

セラピストがサロンを開業するにあたって、必要なのは税務署への開業届の提出。従業員を雇う場合は、「給与支払事務所等の開設届出」も提出します。また、サロンを開業した場合、納めるべき所得税額を税務署に申告する必要が出てきます(確定申告)。確定申告の方法には白色申告と青色申告がありますが、サロンを経営するなら税制上で有利となる青色申告を選びたいところ。こちらも税務署に青色申告の申請書を提出するだけでOKですが、帳簿のつけ方などに特徴があるため、知識をしっかり身につけておきましょう。

>>セラピストのサロン開業に必要な手続きを詳しく見る

自宅or店舗?サロンの開業方法の違い

サロンの開業における、自宅型と店舗型のそれぞれのメリット・デメリットを簡単にまとめてみました。

自宅サロン

自宅の一部分をサロンとして利用する場合、敷金や手数料などが要らないため最安0円で開業が可能。営業日・時間も自分で好きに設定できるため、家事や子育てとの両立など、ライフスタイルに合わせて仕事ができます。ただし、一般の住宅にサロンがあるため集客しにくいことと、プライベート空間との区分けが難しいのはデメリット。

店舗サロン

利用者が多く集まりそうな場所を狙って開業でき、集客しやすいのが一番のメリット。きちんとした店舗があるということで、利用者からの信頼も得やすくなります。ただし、開業資金が高く(200~300万円ほど)、初期投資の回収までに時間がかかるのはデメリット。また、時間に拘束されることが多くなり、家事や子育てとの両立が難しくなるケースも。

>>サロンの開業方法の違いを詳しく見る

<番外>セラピストのお給料事情

セラピストは、他の職業に比べて開業しやすいという特徴があります。開業して利用者がたくさん集まれば、それに比例して収入もアップ!企業や施設に勤務するセラピストの年収は200~300万円程度ですが、独立・開業して経営が軌道に乗れば平均年収は300~400万円に、さらに事業を拡大できれば500万円以上稼ぐことも夢ではありません。集客や広告宣伝がうまくいけば、口コミやネットで話題のカリスマセラピストになれる可能性もあります。

>>セラピストのお給料事情を詳しく見る

アロマセラピストを目指す2人の女性の開業物語

当サイトでは、2人のアロマセラピストを目指す女性の開業ストーリーをご紹介しています。タイプの違う2人は開業にあたってどんな選択をしたのか、その結果はどうなったのかをぜひ参考にしてみてください。

2人のセラピスト開業物語…
その結末は?

A子の
場合
B子の
場合
A子の場合 B子の場合

Copyright (C)セラピストの開業物語 All Rights Reserved.