セラピストの開業物語

2人の女性がセラピストの開業…明暗を分けた理由とは?

sitemap

HOME 資格取得にまい進
A子の物語
集客スキルを磨く
B子の物語
人気セラピストに
なるには?
カウンセラーの
開業成功術
セラピストの種類
HOME 資格取得にまい進
A子の物語
集客スキルを磨く
B子の物語
人気セラピストに
なるには?
カウンセラーの
開業成功術
セラピストの種類
TOP » 人気セラピストになるには?王道の開業ステップ » ステップ3.開業資金を貯める

ステップ3.開業資金を貯める

セラピストのサロン開業に必要となる資金の目安を、自宅サロン・店舗サロンに分けてご紹介しています。

セラピストとしてサロン開業する際に必要な資金

セラピストの開業スタイルには、自宅の一部をサロンとする方法と、店舗を借りて開業する方法があります。ここでは、それぞれのスタイルの開業にかかる資金を詳しくご紹介しています。

どちらのスタイルにしても、開業してすぐに経営が軌道に乗るとは限りません。赤字が続いても生活・経営していけるよう、半年~1年分程度の運転資金を確保しておくようにしましょう。

自宅サロン

店舗型に比べると、かなりの低資金で開業が可能。設備だけであれば、20万円ほどで開業できることも。

家賃

自宅の一部をサロンとして利用できるのであれば、家賃は0円。内装に関しては、利用者がリラックスできる空間づくりを目指しましょう。

人件費

1人で自宅サロンを開業する場合、人件費も必要ありません

広告宣伝費

人目につきにくい自宅サロンは広告宣伝に力を入れて集客する必要があるため、費用は多めにかかると考えましょう。チラシ・ポスティング・タウン誌・フリーペーパー・口コミなどさまざまな広告媒体がありますが、ネットで集客できるようになるのが理想的です。

研修費

セラピストとしてのスキルが高まれば、顧客満足度の上昇と売上にもつながります。研修費は自己投資と考え、常に学び続ける姿勢を大切にしましょう。

化粧品類・消耗品費等

セラピストの種類によって内容は変わりますが、アロマセラピストの場合は精油やタオルなどが必要となります。タオル類は自宅用としっかり分類するようにしましょう。

店舗サロン

店舗型の場合、開業にかかる資金は200~300万円ほど。内装から変えなければならない場合は、さらに必要となることもあります。

家賃

セラピストのサロンであればマンションの一室でも開業は可能ですが、商業利用できるマンションを探さなければいけません。家賃は都内の駅近物件で10万円前後、初期費用として敷金・礼金・仲介手数料・初月家賃が必要です。

人件費

スタッフを雇う場合、人件費が必要となります。ただし、サロン経営の場合は人件費を抑えることが利益につながるケースが多いため、経営状況に合わせて雇用を考えましょう。

広告宣伝費

広告宣伝費に関しては自宅サロンと変わりはありませんが、店舗型の場合は看板を出すことができます。人目につきやすくなるため、費用はかかっても看板を出すメリットは大きいでしょう。

研修費

研修費に関しては、自宅サロンと同様です。

化粧品類・消耗品費等

消耗品費なども自宅サロンと変わりありませんが、タオル類などは自宅で洗濯するワケにはいかないため、クリーニング費用がかかることもあります。

資金繰りに困った際に頼る融資について

頑張って開業資金を貯めたとしても、すべてを自分でまかなうのが難しいケースもあります。そんなとき、選択肢の1つとして浮かぶのが「融資」です。

融資というと銀行というイメージですが、独立・開業してすぐのセラピストに融資をしてくれる銀行はほとんどありません。銀行の融資には、これまでの業績を証明する書類と審査が必要だからです。では、どこから融資を受けたら良いのでしょうか?セラピストが利用できそうな融資方法を、以下にまとめてみました。

創業促進補助金

新しい事業の創設を通じ、地域の活性化に貢献してくれる人を支援するものです。補助金の支給額は最大200万円、店舗の賃料・広告宣伝費・人件費などに利用することができます。

日本政策金融公庫

国が株式のすべてを保有する政府系の金融機関で、中小企業向けの支援サービスを提供しています。過去の実績がなくても融資を受けやすいのが特徴。

制度融資(地方自治体)

地方自治体と信用保証協会が連携し、独自の基準で中小企業を支援するもの。地方によって基準が異なるため、開業を希望する地域の役所に相談してみましょう。

開業後の成否を左右するものは何?

セラピストとして開業するのであれば、なるべく開業資金を抑えつつ、1日でも早く投資回収を行いたいところです。

そのために必要なのは、集客スキルと経営の知識。これらを身につけているのといないのとでは、開業後の経営に大きな差が出ます。

当サイトでは、2人の女性がセラピストとして開業した事例をご紹介しています。開業前後の選択が経営にどんな影響を及ぼすのか、ぜひチェックしてみてください。

2人の女性が明暗を分けた理由とは?『セラピスト開業物語』を読む▶

2人のセラピスト開業物語…
その結末は?

A子の
場合
B子の
場合
A子の場合 B子の場合

Copyright (C)セラピストの開業物語 All Rights Reserved.