セラピストの開業物語

2人の女性がセラピストの開業…明暗を分けた理由とは?

sitemap

HOME 資格取得にまい進
A子の物語
集客スキルを磨く
B子の物語
人気セラピストに
なるには?
カウンセラーの
開業成功術
セラピストの種類
HOME 資格取得にまい進
A子の物語
集客スキルを磨く
B子の物語
人気セラピストに
なるには?
カウンセラーの
開業成功術
セラピストの種類
TOP » 人気セラピストになるには?王道の開業ステップ » ステップ5.自宅か店舗かを選ぶ

ステップ5.自宅か店舗かを選ぶ

セラピストのサロンを開業する方法として、自宅サロンと店舗サロンそれぞれのメリット・デメリットをご紹介しています。

セラピストとして独立!二通りの開業方法とは

セラピストとしての独立・開業を考えたとき、サロンの開き方には二通りの方法があります。1つは自宅の一角をサロンとして利用する方法、もう1つは店舗を借りて開業する方法です。どちらの方法にもメリット・デメリットがあるため、それを踏まえて開業方法を考えるようにしましょう。

自宅サロンのメリット

開業資金が安く済む

自宅の一部分をサロンとして利用するなら、最安0円で開業が可能!リフォームが必要であったとしても、店舗を借りて改装するよりも安い費用で済ませることができます。

ライフスタイルに合わせて仕事ができる

自宅サロンの場合は、営業日・時間を自分で好きに設定できます。子どもの学校行事や習い事などにも合わせられますし、通勤時間もゼロ。家事や子育てとの両立もムリがありません。

アットホームな雰囲気を作れる

店舗と違って、自宅サロンはアットホームな雰囲気が魅力。とくにセラピストを頼ってくる利用者はリラクゼーションを求めているため、居心地のよいサロンを作れるというのは大きな強みとなります。

自宅サロンのデメリット

集客しにくい

住宅街やマンションの一室にあるサロンは、人目につきにくいのがデメリット。大々的に宣伝するのも難しく、集客しにくいという悩みはつきものです。

プライベート空間との区分けが難しい

自宅サロンの場合、生活空間との区分けが難しくなります。共用部分である玄関・廊下・トイレなどは生活感が出やすいため、とくに気を配る必要アリ。また、利用者といえど他人を家に入れるワケですから、セキュリティにも留意する必要があります。

店舗サロンのメリット

狙った場所で開業できる

自宅サロンと違い、利用者が多く集まりそうな場所を狙って開業できるのがメリット。人目につきやすい場所に開業できれば、飛び込みでの新規客・看板やチラシによる宣伝効果も期待できます。

信頼感がある

きちんとした店舗を持つサロンは、利用者にとって安心感があります。他人の家ということで自宅サロンに抵抗を持つ人も、店舗型なら足を運びやすくなります。

店舗サロンのデメリット

初期費用が高い

事業用として店舗を借りる場合、初期費用が多くかかります。敷金・補償金・仲介手数料などを合わせると、家賃の6~10倍くらいの費用が必要です。また、賃貸に関する契約にもさまざまな条件をつけられることがあるため、理想的な店舗を見つけるのは難しくなっています。

初期投資の回収が難しい

経営が安定するまでには、ある程度の時間が必要。とくに店舗型は初期の開業資金が多くかかるため、自宅サロンに比べると資金の回収までに時間がかかります。店舗の場合は毎月の家賃などがあるので、事業計画をしっかりと立てておくことが重要です。

自由時間が少なくなる

自宅サロンと異なり、店舗の場合は時間に拘束されるケースが多め。空いた時間に家事をしたり、子どもの学校行事に合わせて休むということもしにくくなります。

セラピスト開業するなら知っておきたいサロン物件選びのポイント

店舗を借りてセラピスト開業をする場合に大事なのは、「場所」「雰囲気」「家賃」など、お客様の視点と経営者としての視点、両方に立って考えることです。
いくつかポイントを絞ってご紹介しますので、ぜひ物件を決める参考にしてみてください。

営業許可と家賃は必ずチェック

物件を探す際の最低条件は、営業可能な物件であり、かつ支払い可能な家賃であること。この2つの条件がクリアできなければ先へ進めません。

狙った物件が店舗にせよマンションにせよ、サロン営業が可能な物件かは持ち主の意向次第ですので、管理している不動産会社などに必ず確認してください。
また、収益があってもなくても毎月必ず支払わなければならないのが家賃です。敷金等の初期費用や毎月のランニングコストを計算しておくのは経営者として当然のことです。

サロン営業が可能な店舗物件の相場は、立地条件や広さ、内装設備が整っているかどうかでかなり違います。また、コストを抑えるにはマンション物件がおすすめですが、住居用マンションだと営業を断られることがほとんどです。
営業可能物件であったとしても、同職の店舗があれば断られることもありますし、店舗用物件とは違い設備や内装工事が必要になる場合もあります。

物件情報を見て営業可能な物件かどうかをまず確認する。その後、実際に足を運んで物件の外装や内装をチェック。開業するにあたりどの程度の経費が必要か算出してみましょう。

その物件は集客が見込める場所ですか?

実際に物件を見に行くと、そこの外装や内装に目が行きがち。しかし、いくらサロン向きの店舗であっても、お客様が通いにくい場所であったらリピートしてもらえません。

店舗の入れ替わりが激しい

人通りも多くて目立つ場所なのに店舗がころころ変わる物件は、お客様が入りにくい場所の可能性大。車を停めにくかったり、目立ちすぎて入店するのが恥ずかしかったりと理由はさまざまですが、なぜか人が寄り付かない。過去にどんなお店がどのくらいの期間の営業を行っていたか、管理者に尋ねるなどして調べておきましょう。

お客様の導線を考える

OL層や主婦層など、サロン向きの人達が通いやすい場所にあるかしっかり見極めましょう。

リピーターを掴むには、「通いやすいかどうか」がとても大事。いくらあなたの施術を気に入ったとしても、通うのに何時間もかかったり治安がよくない場所だったりすると、お客様はリピートしづらくなってしまいます。
OL層なら駅に近い場所、主婦層なら住宅地の一角など、お客様の視点に立ってその導線を想像してみましょう。

その物件はサロンに合った雰囲気ですか?

日常から離れてひと時の癒しを求めて来るお客様にとって、サロンの雰囲気はとても大事。施術で癒されたとしても、生活感がにじみ出ているような雰囲気だと効果は半減してしまいます。

宣伝効果も考えて!サロンに適した外観

癒しを提供するサロンは、お客様を別世界へ誘うような雰囲気作りが基本。何のお店なのかわからないような殺伐とした外観、個性的過ぎる派手な外観の物件は避けたほうがよいでしょう。

また、外観はあなたのサロンを宣伝する効果もあります。
「私どものサロンは、こういった雰囲気でこのくらいの料金設定でございます」それが伝わるような外観だとお客様にもわかりやすく安心して入店していただけますね。

オープンタイプ?個室タイプ?サロンに適した内装

内装の雰囲気は、まずオープンタイプか個室タイプかで考えるのが基本です。その物件がどちらに適しているのか見極めながら、それに合った照明やインテリアなどを考えてみましょう。
施術するにあたって、あなたが動きやすくなければなりませんし、お客様にはストレスを与えないような作りにしなくてはなりません。

サロン開業を成功させるのに必要なものは?

セラピストの開業には自宅と店舗の二通りがありますが、どちらにしてもビジネスを成功させるには集客がカギとなります。どんなに素敵なサロンを開業しても、お客様が来なければ収入にはなりませんし、スキルを活かすこともできません。

当サイトでは、サロン開業にあたって資格取得を重視した女性と、集客・経営について学んで開業した女性の2パターンの事例をご紹介しています。開業前後の選択が経営にどんな影響を及ぼすのか、ぜひチェックしてみてください。

2人の女性が明暗を分けた理由とは?『セラピスト開業物語』を読む▶

2人のセラピスト開業物語…
その結末は?

A子の
場合
B子の
場合
A子の場合 B子の場合

Copyright (C)セラピストの開業物語 All Rights Reserved.