セラピストの開業物語

2人の女性がセラピストの開業…明暗を分けた理由とは?

sitemap

HOME 資格取得にまい進
A子の物語
集客スキルを磨く
B子の物語
人気セラピストに
なるには?
カウンセラーの
開業成功術
セラピストの種類
HOME 資格取得にまい進
A子の物語
集客スキルを磨く
B子の物語
人気セラピストに
なるには?
カウンセラーの
開業成功術
セラピストの種類
TOP » 人気セラピストになるには?王道の開業ステップ » ステップ2.セラピストの集客ノウハウを学ぶ

ステップ2.セラピストの集客ノウハウを学ぶ

独立・開業に必要な集客ノウハウの学び方と、セラピストだからこそ必要な理由についてまとめています。

セラピストの開業に必要な集客方法

セラピストとしての独立・開業を成功させたいなら、資格や技術だけでなく、事前に集客方法についても学んでおく必要があります。

開業後に集客について悩むセラピストの多くは、「顧客満足度を高めなければ」という意識から、新たな資格・技術の習得に時間と労力をかける傾向があります。

しかし、どんなに優れた資格や技術があっても、お客様は自動的に集まるワケではありません。どうしたら自分のサロンにお客様を呼び込めるのか、その方法を知る必要があるのです。

ここでは、セラピストに特化した開業セミナーを開いている「コンサルタントラボラトリー」の集客メソッドの一部をご紹介。以下のメソッドは無料セミナーで学ぶことができるため、ぜひ参考にしてください(無料オンラインセミナーの詳細はこちら)。

ポジショニング

セラピストとして開業を成功させるために、集客のノウハウの一つである「ポジショニング」について知っておきましょう。ポジショニングとは、「自分が何者で・誰に対して・何ができるのか」を明確にすること。セラピストならではのポジショニングの手順例は以下の通りです。

このとき、ポジショニングはお客様視点で考えるのがポイント。それを踏まえて大手サロンにはできない、個人サロンならではのオリジナリティーを明確に打ち出していきます。

例えば、個人サロンは設備の充実やメニューの豊富さ、スタッフの数など、大手サロンに劣ってしまう部分も。しかし、「特定の分野に特化できる」、「落ち着いたプライベート空間である」、「安い料金でサービスを提供できる」など、個人サロンならではの特徴から差別化を図ることができます。

また、ポジショニングを考えることで、経営戦略が定まり軸がブレなくなるため見込み客を効率よく集客する一手につながります。

情報発信

ポジショニングを固めたら、それを「情報発信」してPRしていきましょう。集客を行なう手段として「情報発信」はとても有用なツール。利用しない手はありません。

情報発信では、「自分が何者であるか」をツールを通して世の中に公開し、持っている「価値ある情報」を必要としている人に届けます。ツールとしてはブログやメルマガをはじめ、FacebookやTwitter、YouTubeなど。見込み客に認識してもらうことが大切です。

リアルタイムでのやりとりができるTwitterでは情報を発信するのを前提とし、発信する内容によって新規顧客を囲い込めます。知り合い同士のコミュニケーションツールとしてよく利用されるFacebookでは、リピート顧客の囲い込みができ、加えて既存顧客を介して新規顧客の獲得も図れます。

ただし、TwitterやFacebookの場合、リアルタイムでの状況が分かる反面投稿が流れてしまい、重要な記事は埋もれてしまいます。そういう場合はブログが有効的。サロンの情報だけでなく顧客に役立つ情報を発信してファンをつくり、サロンへの来店につなげていきます。ほかのSNSと連携させることで、ブログへのアクセスにつなげる導線を整えることも大切ですね。

情報発信を続けていくことで、新規見込み客の獲得や高評価を集め、セラピストとしての自分のブランドを確立していくことができますよ。

マーケティング

マーケティングとは、顧客になりそうな見込み客を集めて信頼関係を構築し、あなたが行なっているサービスやカウンセリングを「利用してみたい」と興味を持ってもらう状態にすること。マーケティングの知識やスキルを持たないままFacebookやブログなどで闇雲にサロンの集客を図ろうとしても、うまくはいきません。

そこで見込み客の集客や信頼関係を築くために有効的なのが、「面展開マーケティング」です。面展開マーケティングとは、ブログやメルマガ、Facebookといった媒体を、独立した「点」ではなく関連性を持たせて「面」でつなぎ、見込み客を集客したり信頼関係をつくったりするための方法です。

ここで重要なのがそれぞれのメディアを効果的につなぐこと。それを成功させる軸となるのがメールマガジンです。役に立つ情報を発信してメルマガ読者を増やすことは、マーケティングとして非常に効果的といえます。

Facebookやブログから見込み客にメルマガ登録を行なってもらったり、反対にメルマガ内でブログに発信した情報を公開したりと、さまざまな方面から読者の情報ニーズを満たすコンテンツを提供。そうすることでサロンの存在や情報を知ってもらい、見込み客との信頼関係を築いていきながら、見込み客がサービスを利用したくなるよう下地を作ることができます。

セラピスト開業するための無料オンラインセミナー・有料講座比較

「有料講座」は的確な指導を受けられるが費用は高い

セラピスト開業の有料講座を開催しているのは、成功を収めた個人経営者や企業団体などが主な媒体です。ボランティアの一環としてセミナーを行う経験者もいれば、数人の成功者が集まり経営ノウハウを商品として売っている媒体もあります。
経験者や成功者の話しは聞いておいて損はありませんが、ボランティアとして行っている場合でも30分のセミナーで数千円、有名な成功者のセミナーとなれば数十数万円を前払いで……なんてケースもあるのです。

開業前の出費は出来るだけ抑えておきたいもの。出した費用分の習得があるのかどうかも不安ですよね。独立開業するのも講座のお金を払うのもあなたです。
講座内容や主催者情報を確認して、不明な事は問い合わせるくらいの真剣さとやる気が必要でしょう。

中には、十数万円の講座と同じ内容のものを無料で行っているケースもあります。慎重に進めたいと考える方は、講座を申し込む前にこういったセミナーに参加してみるのも良いでしょう。

「スクール・大学」は資格取得ができるが費用と時間が必要

スクールや大学は、通信か通学かでかかる費用も時間も変わりますが、通信でも3ヶ月前後、通学だと長くて1年かかるところもあります。

費用は、通信スクールだと数万円からありますが、大学など通学が必要なスクールだと長くかかるので費用も大きくなり、20万円~30万円前後が相場となっています。

そもそも、スクールや大学はセラピストの養成や資格取得が主になっている場合が多く、独立開業や経営に特化した内容にはなっていません。

時間がかかってもセラピストとしての知識を習得したい、資格を取りたいと考える方には向いていますが、独立開業をメインに考えている場合は、その部分に絞られた内容の講座などでいち早くノウハウを習得するのがおすすめです。

費用も時間もかからない「無料オンラインセミナー」

セラピスト開業における利益を生み出すためのノウハウを習得できる無料のセラピスト特化型オンラインセミナーは、会場へ出かけることなく、ネット環境があれば誰でもどこからでも参加可能です。無駄なく必要な情報を習得できるので、時間の短縮にも繋がります。

たとえば、「コンサルタントラボラトリー」の無料オンラインセミナーは、サロン経営やセラピーのスペシャリストが集結して作られた11ステップの基本講座を学ぶことができます。

セラピストの商品や売りは、あなた自身。サロン経営は、聞こえは良いですが、お客さんがいなければ収入は1円も入ってこない厳しい世界です。

セラピストとしての知識や経験はもちろん、「独立」「開業「経営」のノウハウも必須と言えるでしょう。「セラピストの素質は十分あるのに、経営がうまくいかず続かなかった」という経営者は少なくありません。

見切り発車で経営をスタートさせてからそれに気付くか、最初から知識を習得してマイナス経営を未然に防ぐか。その知識が無料で手に入れられるのですから、考える間もなく後者を選ぶ人がほとんどでしょう。遠回りしない店舗経営を目指すのでしたら、この無料オンラインセミナーを受けることをおすすめします。

現在、他のスクールや有料講座を考えている方も、事前の準備として、もしくは他と併用して参加してみると良いでしょう。

集客が難しい

何か新しい商売を始めた時に、最初に苦労するのが集客です。新しくオープンしたお店は、まずそこにお店がある事をお客様は知りませんし、そこでどのようなサービスが受けられるかも分からないのです。中でも、セラピストは集客の難しい業種の一つと言えるでしょう。そもそも、セラピーを受けたい、と思っている人の絶対数がそれほど多くないのです。

セラピストとして開業する人の中には、セラピーは人の役に立つものだから、世の中に広げていきたい、と思っている人も多いと思います。その心意気は良いのですが、それはつまり、今はまだあまりセラピーが世の中に広まっていない、という事でもあるのです。セラピーとはどんなものなのか、どのような良さがあるのか、という事すら知らない人もたくさんいます。そのような状況でセラピストが開業したら、集客に苦労するのは当然ですね。まずは、セラピーの良さを知ってもらうところから始めなくてはいけないのです。場合によっては、そこに資金を投入することも考慮する必要があるでしょう。

また、自分の腕に自信を持っているセラピストの方であればあるほど陥りやすい落とし穴もあります。それは、お客様の目線を忘れてしまうことです。なかなか集客がうまくいかないサロンのメニューを見てみると、施術名と施術内容、価格だけが並んでいることがよくあります。ですが、先ほども述べたとおり、セラピスト自体があまり知名度が高くないのです。よほどセラピーの事を知っているお客様ならともかく、一般的なお客様はセラピーには興味がありません。どのような効果があるかに興味があるのです。セラピストの場合、カウンセラーやコーチと顧客がダブっている事が多いものです。そして、お客様に知名度が高いのは、カウンセラーやコーチなのです。そういった人達から顧客を奪うには、どのような効果が得られるかをしっかりアピールする必要があります。

風邪や病気は厳禁

どのような業種にも言える事ですが、そこの商品やサービスを受けることを楽しみにしてお店に行った時、そこが休みだったらがっかりしてしまいますよね。それが定休日だったら、お客様も納得し、またお店が開いている時に来よう、という心理になると思います。ですが、定休日でもないのに休んでいたらどう思うでしょうか。次に来たときにも休みかもしれない、無駄足を踏んでしまうかもしれない、と思うと、自然と足は遠のきます。そして、確実にサービスを受けられるお店にシフトしてしまうのです。

人間は誰しも無駄足を踏む事を嫌います。そうまでして受けたい、と思えるサービスを提供しているならともかく、開業したばかりのお店でそのような不定休状態が続いていれば、他のサロンに行こう、と思うでしょう。

また、風邪や病気をおして営業したとしても、他人の体に触れる事の多いセラピストの場合、その施術者が風邪や病気をしていたのでは、この人に施術してもらって本当に大丈夫だろうか、とお客様は思います。例えば、病院に行って医師が自分の前でゴホゴホ咳をしていたらどう思うでしょうか。人間ですから、体調を崩してしまう時があるのも仕方のない事ですが、その人に診て欲しくない、と思うのも仕方のない事でしょう。他人の体や心を健康にする事を目的とするセラピストなら、まずは自分が健康である必要があるのです

開業の準備等で忙しいと、どうしても健康管理が疎かになってしまいやすいものですが、そんな時期だからこそ、最初から不定休のサロンになったり、お客様を不安な気持ちにするサロンになったりしてしまわないように、体調を整えておく事が大切なのです。

講座に参加する

セラピストとして開業したばかりだと、まだ情報も少なく、自分がやっている事は正しいのだろうか、と不安な気持ちになってしまいがちです。セラピーというものがまだあまり世間に浸透していない状況ですから、セラピストサロンの経営のノウハウも簡単には手に入りません。
そのような時は、積極的に講座に参加しましょう。セラピストのための経営講座も、たくさん開催されています。時間がもったいない、と思う人もいるかもしれませんが、そこでは、書籍やインターネットなどでは簡単に手に入らない、活きた情報を得る事が出来るのです。開業したばかりでどうやって経営していけばいいのか分からない、という時には、そういった講座が強い味方となってくれます。

あなたのサロンでスタッフを雇っているのなら、そのスタッフも一緒に行ってみるといいでしょう。同じ講座を受けていても、違う視点から講座を受けることで自分のサロンへの活かし方の選択肢が増えることがあります。講座はとても役に立つものですが、そこで聞いたやり方がそのままあなたのサロンに当てはまるとは限りません。自分のサロンの立地条件や顧客層に合わせて応用するには、多くの人の意見を聞く事が大切なのです。

また、そういった講座の後には交流会が開かれる事もあるでしょう。まだ世間的な認知度の低いセラピストにとって、同業者はライバルであると同時に仲間でもあります。そういった人達と交流を深め、情報交換する事で開業したばかりのサロンを軌道に乗せるヒントがつかめる事も多いのです。

2人のセラピスト開業物語…
その結末は?

A子の
場合
B子の
場合
A子の場合 B子の場合

Copyright (C)セラピストの開業物語 All Rights Reserved.